向日葵ママの気まぐれブログ

専業主婦です。日々の暮らしについて役に立つ、面白いと思ったネタを発信していきます。

浜辺美波・北村匠海共演『君の膵臓を食べたい』

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』 

 『ライフ・イズ・ビューティフル』 ウィキペディアより



ライフ・イズ・ビューティフル』(日本語訳:人生は美しい、原題:La vita è bella、英題:Life Is Beautiful)は、1997年のイタリア映画。ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演作品。第二次世界大戦下のユダヤ人迫害(ホロコースト)を、ユダヤ系イタリア人の親子の視点から描いた作品である。
第51回カンヌ国際映画祭(1998)で審査員グランプリを受賞。第71回米国アカデミー賞(1999)で作品賞ほか7部門にノミネートされ、そのうち、主演男優賞、作曲賞、外国語映画賞を受賞した。また、トロント国際映画祭の観客賞やセザール賞の外国映画賞も受賞している。


あらすじ
「これは、私の物語である」
第二次世界大戦前夜の1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、叔父を頼りに友人とともに北イタリアの田舎町にやってきた。陽気な性格の彼は、小学校の教師ドーラに一目惚れし、桁外れなアタックの末に駆落ち同然で結婚して、愛息ジョズエをもうける。

やがて戦時色は次第に濃くなり、ユダヤ人に対する迫害行為が行われる。北イタリアに駐留してきたナチス・ドイツによって、3人は強制収容所に送られてしまう。

母と引き離され不安がるジョズエに対しグイドは嘘をつく。「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点。いい子にしていれば点数がもらえて、1000点たまったら勝ち。勝ったら、本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだ」。絶望的な収容所の生活も、グイドの弁術にかかれば楽しいゲームに様変わりし、また、周囲の子供たちと引き離されてしまった父親たちの助けや、「シャワーの日(実際には毒ガスで殺害する日)」にジョズエがシャワーを嫌って父の言うことを聞かずベッドに隠れた運の良さから助かり、ジョズエは希望を失うことなく生き延びることができた。

戦争が終わりナチスが撤退する最中ジョズエとグイドは逃げようとする。しかしドーラを探す最中にグイドは見つかってしまう。ゴミ箱の中に隠れていたジョズエを怖がらせないように、グイドはジョズエにウインクし、背中に銃を突きつけられてもまるで喜劇の主人公のようにジョズエの前を戯けて通りすぎる。グイドは最後の憂さ晴らしにとナチスの兵士にジョズエの見えないところで銃殺されてしまった。

ナチスの撤退後、朝を迎え、誰もいなくなったのを見計らいジョズエがゴミ箱からトボトボと出てくる。すると父が言った通り、砂埃からゲームの「シナリオ」通り「1000点取ったら戦車で家に帰れる」と言うように、収容所に連合軍の戦車が現われ、若い兵士がジョズエを戦車に乗せた。若い兵士がジョズエを抱き抱え自らのヘルメットをかぶせ、お菓子を与えながら外を見ていると、ジョズエは母を見つけ、再会する。何も知らない母に「僕たちはゲームに勝ったよ!」と告げると母はジョズエにキスしながら「そうよ 本当に勝ったのよ」とジョズエを褒め讃えた。

成長したジョズエは父が命を捧げて贈り物をしてくれた、「これが私の物語である」と、物語を終えるのだった。

 

ポスター画像

★こちらは息子が友人に勧められて借りてきました。

最初はふざけていると思っていましたが、収容所の場面に切り替わってからは、家族への愛がどんどん伝わってきます。

子供を心配させたり悲しませたりしないように機転を利かせ、ゲーム感覚で楽しませ、励ましていく姿が本当に泣けます。息子もとっても可愛いのです。

最後の撃たれるシーンも息子を不安がらせないようにおどけた顔で連れていかれる姿は強い心と深い家族愛を感じました。

 

「人生は美しい、人生はたからもの」というように、悲しくもユーモアと愛に満ちた素晴らしいお勧めの名作です。

 

 

 

 

 

 

 

必見 お金が貯まるお財布術!!

f:id:hana-haha:20180813224607j:plain

 

f:id:hana-haha:20180813224618j:plain

f:id:hana-haha:20180813224622j:plain

f:id:hana-haha:20180813224628j:plain

f:id:hana-haha:20180813225818j:plain

★こちらはTBS「ビビット」で放映されていたものです。

 

横山光昭さんはよくテレビに出演されている方で、家計を赤字から多数救っているようです。

 

こちらの「お金が貯まる財布術」は本当に基本的なもので、なるほどと納得です。

 

クレジットカードもあまりたくさんあるよりはメインのもの決めておいたほうが出費の管理がしやすいです。

 

レシートは入れておかないほうがいいらしいです。確かにその日のうちにスマホのアプリの家計簿に入力すればいつまでも入れておかなくて済みます。

 

ポイントカードもたくさん入っていてお財布がパンパンになったりしますが、私は違う小物入れに入れておきます。通常使うものだけお財布に入れておきます。

 

お財布をなくした場合のことを考えると余計なものや、大切なものを入れておかないほうがいいかもしれません。

 

お金持ちの方の財布を見たところ、本当にスッキリしていました。

 

結局は自分が管理しやすく見やすいということがポイントですね。

 

私はこれを観てからスッキリするように心がけています。

 

ゲリラ雷雨? 

「ゆづしょま」萌え!に納得

 

「ゆづしょま」萌え! “弟”宇野昌磨、“兄”羽生結弦を徹底比較

 


 
上田耕司,松岡かすみ,太田サトル週刊朝日#フィギュアスケート#平昌五輪#羽生結弦
 

 

羽生結弦(右)と宇野昌磨

 

12歳時の宇野。メダリストになった今も当時のあどけなさを残したままだ

12歳時の宇野。メダリストになった今も当時のあどけなさを残したままだ

「あぶね~~」

 フリーの演技の際、最初の4回転ジャンプの着地に失敗、転倒した。滑走を終え開口一番、宇野昌磨が発した言葉だ。銀メダルが確定した後でもこんな発言が飛び出した。

【可愛すぎる!12歳時の宇野昌磨の写真はこちら】

「この後表彰式あるんですか? やっぱり特別な思いはなかったですね、最後まで」

 感動的なコメントを期待していたテレビの前の視聴者は肩透かしを食らったことだろう。さらに秀逸なのがその後のテレビ番組のインタビュー。冒頭のループジャンプ失敗を振り返って、

「もう、笑えてきました。あまりにも早すぎる失敗だったので」

 と語り、今したいことを聞かれると「寝たい」と答えた。翌日の会見でも眠そうで、英訳中ついに、子どものようにウトウト……。

 それまでの五輪代表が背負う重圧をまるで感じさせない宇野。だが、その“ゆるさ”がかえって新鮮だったか。ふわふわとした雰囲気と天然発言に「なんだか癒やされる」「完全に宇野派になった!」と、これまでフィギュアスケートにそれほど関心が高くなかった人たちのハートまでもがっちりつかんだようなのだ。

 五輪でにわかに世間の注目を集める宇野の言動だが、その異次元ぶりは以前から際立っていた。過去の発言をいくつかピックアップしてみると……。

「(一番つらいのは)野菜を食べている時。(特に嫌いな野菜は)多すぎて答えられません」(テレビ番組のQ&Aから)
「観光って何をするんですか?」
「(ヘアスタイルについて)これがパーマなのかどうかもわからない」
「(2017年の世界選手権銀メダルについて)たまたま」
「勉強はやっておけば、もう少しマシな頭になっていたと思いますけど」
「ピョンチャンって韓国なんですか?」

 五輪前に心配なことを聞かれた際には、大好きなゲームをやるためのWi−Fi環境が整っているのかどうかが気がかりだと語った。

 圧倒的マイペース、驚異の平常心。テレビ朝日の五輪番組でメインキャスターを務めた松岡修造は、そんな宇野のことを、“宇脳昌磨”と命名した。

 本誌で「てれてれテレビ」を連載するコラムニストのカトリーヌあやこさんは「おもしろいと思わずに無意識におもしろいことを言う。天然の無意識系ですね、いじりがいがあるというのか。上田晋也さんや又吉直樹さんら、芸人さんがインタビューするときも、宇野くんにワクワクしているように見えますね」

 と見ている。

 現代思想学者で明治大学非常勤講師の関修さんは、

「宇野選手は、他人の目ではなく、自分が気持ちよくスケートできているか、そこを追求していく。そのぶん何を発言するかわからず、見ていてハラハラするところがあり、なんとかしてあげたいと思ってしまうタイプ」

 と分析。スケーティングの見せ方にもそれは表れると関さんは言う。

「宇野選手は、自分がやってみたいなと思うことを、一つひとつパーフェクトにやってみたくなる。宇野選手には、オリンピックだからという思いよりも、そのときに自分の滑りたい滑りができたかどうかが大事」

 確かに、宇野にとってのオリンピックは、一つの試合でしかなかったように見える。銀メダルという結果を残した後でも、

「メダルを忘れ去って、次の試合に臨みたい」

 とまで答えている。

 宇野と対照的なのが、66年ぶりの2連覇を成し遂げた“絶対王者羽生結弦だ。自らの言動で追い込み、奮い立たせるタイプ。

「王者になる。まずそうして口に出して、自分の言葉にガーッと追いつけばいい」
「期待されてる感覚が好き。それはプレッシャーじゃなくて快感なんです」

 と過去には語っていた。今回のショートプログラムを終えた時点の回答にもそれは表れていた。

「とにかくやるべきことはやってきましたし、2カ月間滑れなかった間も、とにかく努力をし続けました。その努力をしっかり結果として出したい」

 金メダル獲得後、直前の心境をこう振り返った。

「19歳の時にオリンピックを経験した時とは違い、自分の時間が限られているというのを感じていて、今回は勝たねばと思っていました」
「練習でジャンプが決まらないことで緊張感が戻ってきて、背中をポンと押されたような感じでした」

 これらの発言は、宇野とは対照的に、五輪の持つ特別な重さを感じてきた証しでもある。前出のカトリーヌさんはこう語る。

「羽生くんは、常にオリンピック王者として自問自答しているような印象があります。王者としての意識がすごく高い系。そしてそれをやりとげちゃう精神力、集中力は本当にすごい」

 カトリーヌさんが羽生にかかっていた重圧を感じたのは、メダリスト会見で羽生が発した、「しゃべればしゃべるほど嫌われるし、いろんなこと書かれるし」という一言だった。

 

「こんなハレの舞台でそんなことを言う。かつてAKB総選挙で前田敦子が言った、『私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください』ってスピーチが重なりました(笑)。ある意味ですごくヒロイン的。常にスケート界のセンターとしての自覚と重圧があるんだと感じました」

 前出の関さんも、同様の意見。

「オリンピックで勝つことを日本中に期待されていることを自覚的にとらえる羽生選手ですね」

 次の羽生の過去の発言は、競技者として見られることへの自覚をよく表している。

「広いリンクでひとりで滑って、ひとりのためだけに歓声が起こる。その瞬間が、フィギュアスケートの魅力のひとつ」

 常にその場の空気を読み、インタビュアーや観客が「ほしい答え」を必ず答えてきたアスリートでもある。ケガに耐えた右足に対しては「感謝しかないです」。羽生の感謝は足だけにとどまらない。

「スケートだけじゃなくて、こうやって羽生結弦として、たくさんの方々に育てていただいたことを本当に感謝しています。ありがとうございます」

 とファンや関係者、試合を見ていた人、すべての人に向けたメッセージが自然と口をついて出てきた。

「羽生選手は、他者から自分がどう見られるかということを、高い意識で考えられる選手。発言も演技もルックスも、全てが“羽生結弦”というキャラクターをどのように見せればいいのか、きちんとコントロールした結果。パーフェクトな意識を、言動でもパーフェクトに貫くことができる強靭な精神力がある」(関さん)

 好対照の2人。だが、羽生や宇野に世間が向けるまなざしは、どちらの人気が上か、どちらがいいのかではなく、お互いがいるからこそそれぞれが輝く、と見ている側面もあるようだ。カトリーヌさんは言う。

「すべてが一つの物語として成立している羽生くんに対して、物語を必要としていないように見える宇野くん。メダルも、『触りたい人は触ってください』とか(笑)。その違いもまたいちいち楽しいんですよね」

 と2人の性質の違いこそがおもしろいという。アイドル評論家の中森明夫さんは、男女問わずフィギュアスケート選手のパフォーマンスに魅了されるそのあり方に、かつての昭和時代のアイドルを重ねる。

 

「若い少年・少女が、キラキラした衣装で、華麗に魅せる。そしてそれを3~5分間、日本じゅうの人が見ている。かつてのアイドルの要素が全てフィギュアに入っています。よく“氷上のプリンス”という言い方をしますが、ルックス、衣装、ポーズ、動き、そして発言、本当に王子様的なんですよね」

 ソチ五輪から4年。23歳になった羽生は、子どもをそのまま大きくしたような宇野の存在によって、より成長を感じさせることができると中森さんは言う。

「あのヒョロッとした19歳の羽生くんが、立派になって、王者としてオリンピックの舞台に帰ってきた。そこに、当時の羽生くんと同じ年頃の20歳の“弟”ができた。弟は兄を『ゆづくん』と呼び、兄は『昌磨』と呼び捨てにしてかわいがる。繊細な兄・羽生結弦と、鈍感で天然でカワイイ弟・宇野昌磨。インタビューなどでも、すべてを繊細に完璧なコメントをする兄、一方で、何考えてるかわからず、『何も考えてませんでした』『転んで笑っちゃいました』と言う弟。それで周囲がずっこけたりして、そんな様子を、横で羽生くんがほほ笑ましく見てるんですよね。性別は違いますが『アナ雪』の主人公のように、2人の王子が氷の上でクルクル回ってキラキラ輝いて。そして競技以外の場所では抱き合ったりたわむれたりする。これは相当萌えると思います」

“弟”宇野の頭をなでなでしたり、メダルのリボンのねじれを直してあげたりする“兄”羽生。そんな2人を「ゆづしょま」と称して愛でるファンも少なくない。中森さんはこう言っていた。

「これからのスケート界というものまでおそらく全部見ていくことになる羽生くんは、そういう意味でもこれからのスケート界の長男であり続けるでしょう。兄がいてくれるから、弟は自分の好きな滑りを自由にできる。そんな2人が表彰台の一番高いところに登った。後輩たちもそれに続く。そんな関係性は素晴らしいですよね」

(本誌・上田耕司、松岡かすみ、太田サトル)

週刊朝日 2018年3月9日号

 

 

 

★こちらの記事はすごくいいなと思い載せさせていただきました。

 

「ゆずしょま」お二人がいてお互いに支え合い、より輝くんですね。

 

違う性格、違うタイプだからこんなにも見ていて楽しいんですね。

こうでなければいけないという正解はありません。

今はオリンピックからお二人のスケートのみならず、人格的にも成長めざましいものがあります。

羽生君は国民栄誉賞を受賞し、全てが完璧で雲の上のような存在になっています。

宇野君は世界選手権を経て人間的にも一回りも二回りも大きくなった感があります。

 

お互いがいるからこそ男子フィギュアスケートが発展し、ファンも増え、盛り上がっています。

 

そのほかお二人が金銀メダルを獲得されたことは、後輩のスケーターたちの道を切り開き、夢が近いものになりました。

 

これからお二人がもっともっと輝き続けますように願っています。

山崎賢人『グッド・ドクター 』天才少年の歌声が病に!

 

 

冒頭、天才少年、響くんの歌声が美しく響きました。

みんな聞き惚れています。この波数はリラックスする効果があるらしい。

 

響くんは喉の病気で入院してきます。

父親は「声が出なくなるリスクがある以上手術はしたくありません。」と。

医師との意見の食い違いに響きはため息をつきます。

 

そこへちょこっと現れた湊医師のかわいい表情、天使のようです。

「ためいきの数だけ幸せが逃げると言いますが、そうではありません。

自律神経を調整し、リラックス効果があります。」と澄んだ目で響君を見つめます。

 

院内の子供に近づかせない父親の様子に、

「子供は子供と遊びます」

確かにみんなそうやって成長していきます。

 

湊医師は入院患者の親子とトラブルに巻き込まれますが、「すべての子供を大人にするために小児科医になりたい。」という夢を持っています。

どんな困難にも負けません。

子供に対する心の理解と愛情が半端ないです。

 

 

高山先生には悲しく辛い後悔があります。

自閉症の弟の夢を応援したばっかりに、弟はいじめに遭い、亡くなってしまたのです。

だから、自分の弟の二の舞にはしたくなので画像判断に湊先生を転科させようとします。「いずれ傷つくことになる湊を見たくない」と。厳しい言葉と顔とは裏腹に湊先生への愛情がありました。

 

強行にドイツに連れていこうとする父親に、湊先生は「響君は音楽を聴いていません。」と話します。

そして、響くんは「父さん嫌いだ、最後には僕を見なくなった。声なんて出なくたっていい。」

今すぐ退院をするという父親を危険だと止める湊医師に対し、人格を否定したひどい言葉を浴びせかけます。

普通だったら、子供のためにこんなに懸命になれません。自信もなくします。

 

さて、倫太郎君は響君の大ファンです。

どうして響君の歌が好きか湊医師は聞きます。

「病気のことを考えると明日が怖くなるんだ。でも、響君の歌を聴いていると心がぽかぽかして明日が楽しみになるんだ。」と答えます。

「響君は歌が嫌いかもしれません。でも、響君の歌を好きな人はたくさんいます。」とお父さんに語りかけます。

 

病気が再発した倫太郎くんのために子供たちみんなで合唱して勇気づけます。

「365日の紙飛行機」が病室に響き渡ります。紙飛行機のように自由に飛んでいけたらいいね。ドラマのストーリーにぴったりの歌で、いつもと違って聞こえました。

倫太郎君はこれからの辛い治療に立ち向かう勇気を得ました。

みんな涙ぐんでいます。

倫太郎の笑顔に大喜びの子供たち。

 

「あんなふうに笑うんですね。あんなに楽しそうに笑う息子を久々に見ました。

妻を亡くしてから私にとっての生きがいは響だけでした。響をだれよりも幸せにしたい。そう思って、あの子の才能を伸ばせるのは何だってした。でも、いつの間にかあの子から大事なものを奪っていたんですね。」

「私が聞きたいのは歌声ではなく、笑い声です。」

いつものように湊医師はお父さんの心にもメスを入れて直してしまいました。

感動のシーンです。

 

いよいよ手術することが決まりました。

CTに移らない喉の神経も精巧に絵に描いて見せる湊医師。

そして、瀬戸先生に、「響君はとても楽しそうに歌っていました。いつかまた歌いたいと思える日が来ます。ぼくは響君の夢を守りたいです。夢は生きる力をくれます。簡単に諦めてはいけません。」と強く訴えかけます。湊先生の信念です。

 

理事長の反対に院長は「彼ら守りたいのは病院の体裁でも何でもない。子供の未来です。それが小児外科医の仕事です。」と返します。

今のテレビから流れるニュースと被ります。

 

湊医師も一緒に手術に立ち合うことになります。

緊張する湊医師を瀬戸先生が落ち着かせます。

手術は湊医師の高い知識と技術により見事成功します。

 

手術後、響君が「お父さんありがとう。みんなと合唱できて嬉しかった。僕の歌がだれかのためになるんだって思って。お父さんのおかげだよ。いつだって僕に一生懸命歌を教えてくれたから。また歌いたい。」

親子の心が通い合う瞬間でした。

またまた大事な心を治してくれました。

響君の美しい歌声は前よりももっともっと人に感動を与えてくれることでしょう。

子供の心に寄り添い、じっとみつめて理解しようと努める愛情ある湊先生だから親子の心もつなぎとめてくれたんですね。

 

お父さんの「新堂先生、私はあなたにあんなひどい態度を取って、何とお礼をしたら。との言葉に、

「お礼ならもうもらいました。僕のお給料5ヶ月分の歌声をただで聞かせてもらいました。ありがとうございます。」とユーモアを交えてにっこりと。本当に心がきれいです。

可愛い過ぎます。こちらもほっこりしました。

 

響君を愛のあふれたまなざしで見つめる湊先生を見て、本当に小児外科が好きで、夢の場所であると、だから、この居場所を奪わないでほしいと願ってしまいます。

 

瀬戸先生は高山先生に「先生の言葉はちゃんと彼に届いています。

高山先生の根拠のない希望を与えるなの言葉をちゃんとわかっています。

彼は医師として成長しています。

確かに彼はコミュニケーションが苦手ですが、外科医としての知識は私より優秀です。一人の医師として目指すのは今はまだ難しいかもしれません。でも、お互い足りないところを補い合ってチームとして最善を尽くせる医師になれればそれでいいんじゃないですか。

どうか彼を信じてあげてください。

高山先生だからこそ彼の夢を守れるはずです。」とお願いします。

足りないところをみんなで補い合ってチームとして最善を尽くす医師になれればいいとの言葉が深く心に響きました。

そういうもので世の中は成り立っているのです。

今回の手術の成功も1人が欠けてたら成功しなかったかもしれません。

 

反対していた高山先生も理解し、応援しつつあります。

 

テレビのニュースで

新堂先生の顔が怖いという声に、

「立派な先生に見えるように高山先生の顔をまねしました。」

似ているかも・・・思わず吹き出しました。

 

今日の表情もかわいくて癒やされました。

今回も高い技術と知識で体を治しただけでなく、親子の心を治し絆をより強く深めたことがどれだけの宝物になったことでしょう。

私もはっとさせられる名言がたくさん出てきました。

 

 

日大チア監督パワハラ問題

日大チア監督パワハラか「ずる賢いばかは嫌い」

TBS NEWS - 8月9日(木) 17時51分

 

アメフト問題に揺れる日大で、新たなパワハラ疑惑です。今度は、体育会の応援リーダー部で特定の部員を標的に繰り返し暴言が浴びせられました。発言の主は、部の女性監督でした。

 「ただのばかかと思っていたが、ずる賢いばかは嫌い」(女性監督)

 女性監督が現役部員に言い放った言葉です。新たなパワハラの舞台となったのは日本大学の応援リーダー部「ディッパーズ」。大学の競技チアリーディングの名門です。問題となったアメフト部に続き、応援リーダー部でもパワハラ疑惑が明らかになりました。

 問題を訴えた女子部員によると、女性監督らが彼女1人を標的にこうした暴言を吐いていたといいます。その発端は、ささいな誤解からでした。

 「こいつは、大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとしたんですよ」(女性監督)

 部員の前で、事実でないことで叱責する監督。こうした嫌がらせは今年2月に繰り返し行われ、一部の部員も同調。この部員は自殺を考えるほど精神的に追い詰められたといいます。このため、部員の家族らはアメフトの内田前監督が事務局長を務める大学の保健体育審議会に解決を求めましたが・・・

 「監督と腹を割って話さないとだめですよ」(日大・保健体育審議会)

 積極的に解決に動くことはなかったという日本大学。JNNの取材に対し、これまでに日大から回答はありません。(09日16:02)

★日大ではアメフトに続き、チアリーダーでもパワハラの問題が起きています。

 

指導者も人間だからと言ってしまえばそれまでですが、被害に遭った部員は自殺まで考えるほど精神的に追い詰められていたという状態に、益々指導のあり方が問われていると思います。

指導者の言葉はパワハラを通り越していじめともとられます。

みんなの前で部員を侮辱するような汚い言葉に悲しくなります。

 

日大のアメフトが試合に出られなくなり、4年生がかわいそうでした。

また、今騒がれているアマチュアボクシングの山根元会長の「東京オリンピックの出場はできないかもしれない。」との軽い言い方にやはり選手が犠牲になってしまうのかと心配しています。

 

スポーツ界から告発が続出し、悪環境に驚いています。

 

今は指導者のあり方、狭い世界で私物化などが問われています。

昔はどんな厳しい指導にも愛があれば選手はついてくるものだと思っていました。

ところが、今の学生が育った環境は昔とは違ってきています。

みんな同じが好き、尊重されること、褒められて育ったこと、ストレスには弱い、コミュニケーションが苦手などが挙げられます。一般的にですが。

 

そういった中で、指導者は青学の原晋監督のように、雰囲気を明るく、選手を尊重し、コミュニケーションを持ち何でも言い合える関係を築く、自立性を持たせ、命令口調をしないなど感心しています。1人1人の選手をよく観察しています。また、練習は科学も取り入れています。このようなことがテレビで紹介されていると、箱根マラソン連勝のポイントがわかるような気がします。

 

名門であればあるほど指導者は勝利へのプレッシャーがあると思います。

しかし、それだけになると選手との間にズレが起きてきます。

 

スポーツ界の過渡期になってきているのかもしれません。