向日葵ママの気まぐれブログ

専業主婦です。日々の暮らしについて役に立つ、面白いと思ったネタを発信していきます。

『#Me Too』

財åçã®ç¦ç°æ·³ä¸äºå次å®ã®ã»ã¯ãã©çæã«æè­°ãããããåçã訪ãã社æ°åã®ç¦å³¶çç©å¯åé¦ï¼ä¸­å¤®ï¼ãï¼ï¼ï¼æ¥åå¾ãæ±äº¬ã»éãé¢ 

社民党福島瑞穂副党首ら野党有志議員が20日、財務省を訪れ、福田淳事務次官のセクハラ疑惑について、被害女性の人権保護や福田氏の謝罪などを求める申し入れ文書を提出した。福島氏らは、人権意識に関する日本の国際的な評価が失墜したと批判し、「福田次官は(辞職ではなく)罷免しなければならない」などと訴えた。

 

私は、夕方のニュースで「#Me Too」を見て鳥肌が立ち、くぎ付けになりました。

 

この言葉はハリウッドのプロデューサーのセクハラ被害に立ち上がった女優たちが掲げた言葉です。

今まで何年も本当のことが言えなかった被害者女性たちの心からの言葉と決意の表れです。

 

権力には逆らえない弱者たち。告発すれば全てを失うかもしれない、周りに迷惑をかけるかもしれない、恥ずかしい、逆に批判されるかもという弱み。心の傷を抱え、どんなに苦しんだことでしょう。

権力に立ち向かうにはかなりの勇気が必要だったでしょう。

 

何があっても権力に守られ、うまく立ち回れる権力者たち。

 

それでも、世論が動き出して、初めて変わる。

伊調馨さんの場合はパワハラですが、その一人だと思います。

 

世論の影響が権力や権力者の勘違いを変えてくれると願いたいです。