向日葵ママの気まぐれブログ

専業主婦です。日々の暮らしについて役に立つ、面白いと思ったネタを発信していきます。

日大悪質タックル問題

一昨日、宮川さんが若干20歳の若さで覚悟を持って、潔く顔と本名を出して会見を行いました。

 

将来がなくなるかもしれないことを考えたら、恐くてできなかったでしょう。

唯一、弁護士がついていたことが良かったです。

また、怪我をさせられた選手が取り返しのつかない後遺症や選手生命を奪うような結果にならず、これだけは本当に救いでした。

 

謝罪と真実と反省を述べ、内田元監督と井上コーチに対しては何一つ批判を述べなかった。

大勢のマスコミの中で、いろいろな質問をされても自分を失わず、よく考えて述べた彼の態度はえらかったし、一方では同情も感じています。

宮川さんの状況が、特に追い詰められたり、迷ったり、後悔した心情が伝わり、私はとてもつらかったです。

 

彼の表情からも真実を述べているのがよくわかりました。

私は彼を信じています。

 

彼の会見に比べて、昨日の内田さんと井上さんの発言はどうしても疑惑が浮かびます。

それに増幅するような司会者の憮然とした態度、発言にあきれるばかりです。

やはり日大は公平な立場ではないということなのでしょうか。

これではいつまでも悪い体質は変わらないのではないでしょうか。

大学は果たすスポーツの目的・役目は何なのでしょうか。

 

事件が起きてから随分日にちが過ぎていて、会見を開くのが遅すぎます。

かえって事件を日ごとにどんどん大きくしています。

危機管理はどうなっているのでしょうか。

今はSNSでだれもが自由に発言できたり、拡散したりします。

そうすると、メディアも反応してきます。

時代に応じた対応が必要ではないでしょうか。

 

学生を教育し、守るべき役目がある日大が今まで何の関与もせず、宮川さんを記者会見に一人で出すなど、大学の質が問われています。

 

会見での内田さんと井上さんは保身に必死な感じを受けました。

ただ、ただ憤りをすごく感じました。

良い指導者とはどんなものなのでしょうか。

 

スポーツは常に結果を出さなければいけないという指導者の重責はわかりますが、選手は内田さんの栄光のためにあるただの駒ではありません。

 

誰も何も言えない存在ってある意味危険で、悲しいことですね。

自分が間違っていることに気づきにくいです。

 

選手とのコミュニケーション、信頼もない監督なんて存在するのでしょうか。

それで指導はできるのでしょうか。

あるいは試合に勝てるのでしょうか。

 

確かに本当に能力のある選手は一握りです。

だから誰もが同じように活躍できるとは思いません。

 

ですから、親が望むのは、人格の形成と縦・横のつながりと相手を尊敬し、その上で勝つように努力し、フェアープレーで戦うことです。

人間的成長がこれから長い人生でどんなに役立つことでしょう。

宝物になるはずです。

結果も大事だけど、経過ももっと大事だと考えます。

 

毎日見るニュースから、閉塞した世界であったり、軍隊生活みたいに脅されたり、絶対服従を強いられたり、自分の意見も言えない、自立もできないなど、特殊な世界のように感じます。

その上、理不尽に怪我までさせられたら、いったいどこの親が自分の息子を安心して預けられるでしょうか。

 

今回、有望で優秀な選手の未来を奪ったのですから、これをうやむやにしてなかったことにしてほしくありません。これを機に悪質な膿を出し、古い体質から風通しのよい新しいものに変えていただきたいです。

 

分野は違いますが、青学の原監督のところへ研修に行くとか、優秀な指導者から学ぶことが必要だと思います。

 

もちろん「箱根駅伝」は毎年家族で楽しみにして応援しています。

そこからは温かいものを感じられることも理由の一つです。

 

オリンピックの一流選手たちから感じた、スポーツっていいなというあの嬉しい気持ちや感動を失いたくありません。

 

 

【Amazon.co.jp限定】 金芽米(無洗米) 10kg【5kg×2袋】

【Amazon.co.jp限定】 金芽米(無洗米) 10kg【5kg×2袋】