向日葵ママの気まぐれブログ

専業主婦です。日々の暮らしについて役に立つ、面白いと思ったネタを発信していきます。

日大と危機管理部へ・・・親の願い

「日大悪質タックル問題」の報道がどんどん過熱してきて、モンスターのように巨大化してきています。

 

宮川さんの会見を見ると本人や親御さんの心情と勇気に涙が出てきます。

とはいえ、悪質タックルを行ったという事実は消せません。

このもやもやとした状況がすごくつらいです。

 

もし、教育現場である日大が学生を教育し、お互いを敬い、守るという理念に基づいていたらこんなことにならなかったのではないかと考えます。

背景にあるくだらない悪い伝統はなくしたほうがいいと思います。

 

日大ブランド、学長不在、恐ろしい内田王国をつくった指導者の権威欲、大人たちの利欲などが見えて、学生の存在を忘れているような気がしてなりません。

大学関係者から学生への「愛」が感じられません。

さらに、被害を受けた関西学院大に対しては誠意が見られません。

 

スポーツも教育の一環です。

もっと根本を見直し、体制を変えていただきたいと思います。

 

 

事件からもう19日も経っているのに日大の対応が後手後手で、ぐたぐたになり、全てが悪い方に出ています。

どんな環境でも、対応次第では「神対応」を言われて私たちの見方が変わることもあります。大問題にもならなかったでしょう。

今は危機管理などしっかりした対応が必要な時代になってきました。

 

そのような中、ついに昨日、日大アメフト部父母会が開かれました。

保護者にとってみれば納得のいかないことが多かったと思います。

私が保護者だったら、やっぱり教育の現場で起きた事件、日大の対応に衝撃と落胆を感じます。

 

また、私立であれば学費は年額100万します。そのほか生活費、地方からであれば住居費など、保護者の負担は大きいです。決して安い費用ではありません。節約したり一生懸命働いて払っているのです。

それだけの費用をかけても大学を信頼して子を預けるのですから、親の期待を裏切らないでいただきたいです。

 

OBにとっても母校として誇れる存在であってほしいはずです。

 

結局は「生徒ファースト」に主眼を置かないと時代に乗り遅れることにもなりかねません。

日大ブランドにあぐらをかいていると地に落ちるかもしれません。

 

ところで、今は就活の時期です。

学生にとってみれば人生を決める大事な勝負の時です。

この時期にこの大事件が悪影響を及ぼさないことを願いたいです。

 

日大学生はもちろん、悪環境であっても頑張ってきたアメフト部所属の学生たちに公平性を持ってその人物を評価していただきたいです。

 

就活ではスポーツ部に入っていた生徒は企業から信用があり、協調性、自主性、ファイト、メンタルを鍛えている、明るさなどの資質があることなども理由に入っているのではないでしょうか。

 

どうか、企業の方々には世間の目に惑わされず、公平に将来性を見極めていただくようにお願い致します。

 

 

【Amazon.co.jp限定】マミーポコ パンツ L (9~14kg) 168枚(42枚×4)[ケース品]

【Amazon.co.jp限定】マミーポコ パンツ L (9~14kg) 168枚(42枚×4)[ケース品]