向日葵ママの気まぐれブログ

専業主婦です。日々の暮らしについて役に立つ、面白いと思ったネタを発信していきます。

吉永小百合、二宮和也との感動エピソード

吉永小百合、メディアが忖度カットしていた講演会で語った “息子” とのエピソード

「ある日、渡さんがいらっしゃらなかったので、みんなで探したら、自分の部屋の押し入れで寝てらしたんです。心から主人公の幸雄を演じてくださっていたので、疲れていらしたんでしょうね」

 7月14日、東京・武蔵大学で行われた『被爆者の声をうけつぐ映画祭』のトークイベントに吉永小百合が出席した。被爆した広島を舞台にした日活映画『愛と死の記録』('66年公開)でヒロインを演じた彼女が口にしたのは、共演した渡哲也との思い出だった。

母親経験がなく悩んでいた

チラシとFacebookの告知のみで、700人以上が詰めかけた

「これまで9本の映画で共演しているふたりですが『愛と死の記録』は初めての共演作品でした。この作品でカットされた原爆ドームでのラブシーンを演じたふたりは私生活でも恋に落ち、結婚直前までいったという伝説の映画です」(映画ライター)

 同作品が撮影された当時はまだ“原爆スラム”があり、入院患者と病院で撮影をする機会があったという。

 被爆者の女性が出演していたと明かした吉永は、「渡さんが“おばあちゃん、元気でな”と呼びかけると“あいよ”と答えてくださって。それがとても素敵でした」と愛おしそうに語っていた。

 この日の様子は新聞やネットニュースでも報じられているが、メディアがカットしたところがあった。彼女がもうひとりの“愛する男性”についてのエピソードを語った部分だ。

「吉永さんは、'15年に公開された映画『母と暮せば』で母子を演じた二宮和也さんについて熱く語っていたんです。主催者側からは特に制限はかかっていなかったんですが、メディアがジャニーズ事務所に忖度したんでしょうね」(スポーツ紙記者)

 現在まで120本の映画に出演している吉永は『愛と死の記録』のほか、これまで原爆に関する作品に3本出演しているが『母と暮せば』もそのひとつ。吉永と二宮はこの映画で初共演を果たした。

吉永さんは、母親の経験がないため役作りに悩んでいました。そんな彼女に、二宮さんは赤ちゃんのころから小学校に入学した後くらいまでの写真を何枚か見せてあげたんだそうです。そのかいあってか、吉永さんは母親が抱く息子への恋人のような感覚を理解できたそうです」(芸能プロ関係者)

井上ひさしが晩年に構想、山田洋次がその遺志を受け継ぎ脚本を書いた

 二宮は本作で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。吉永も同賞優秀主演女優賞に輝いた。

 普段は穏やかな口調の吉永だが、『母と暮せば』について尋ねられると声が弾む。

「二宮さんが原爆で亡くなった、そして亡霊として母さんのもとに現れる青年の役を演じて。ふたりのシーンがずっとありました。でも二宮さんは本当に“天才”なんですね。ですからね、男性なんですけどフェアリーのように役を楽しそうに演じてらして。私もつられて3か月の間、本当にいい現場でいい映画作りに参加できたと思っています」

 こんなにいいエピソードをカットだなんて、なんだかもったいない。

 

 

★二宮さんが吉永小百合さんのお母さんの役作りのために小さい時からの写真をお見せしたことや、「男性だけどフェアリーのように役を楽しんで演じていた」という吉永小百合さんの言葉が、映画を観るとよくわかります。

映像から本当の親子のような愛情に溢れています。

また、二宮さんのことを天才だとも。

私も同感です!!

益々最近磨きがかかっています。

ジャニーズであり、嵐メンバーだけでもスゴイ運と実力の持ち主なのに、今はそれ以上の実力を着々と積んでいます。

『ブラックペアン』の海渡のインパクトが余りにも凄くて、今も二宮さんを見ると海渡の強さと影が見えて、私の頭が切りかえられていません。

『母と暮らせば』とはフェアリーのように演じていて、役づくりの幅の広さ、奥行きに感嘆します。天才といわれるゆえんです。

 

そして、天下の大女優・吉永小百合さんに今もいいエピソードと信頼関係で結ばれていることがファンとしても嬉しいです。光栄なことです。

その上、『天才』との言葉は役者冥利に尽きます。

 

『母と暮らせば』は名作です。まだ観てない方はぜひおススメです。