向日葵ママの気まぐれブログ

専業主婦です。日々の暮らしについて役に立つ、面白いと思ったネタを発信していきます。

村田諒太「石を投げるなら自分はしなかったか自問することが必要」

村田諒太が意味深投稿 「石を投げるなら自分はしなかったか自問することが必要」

村田諒太

写真拡大

 ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太が2日、フェイスブックを更新し、「石を投げるなら、同じ状況に置かれて自分が同じようなことを本当にしなかっただろうかどうかと自問してみること 人を糾弾する前に必要な事だと考えています」と意味深な投稿を行った。

 村田は7月28日に更新したフェイスブックで、日本ボクシング連盟の記事を添付し「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」と投稿したが、それ以来の投稿。

 村田は「カポー(同じ収容者でありながら、見張り役など、特別な権利、立場を与えられた収容者)が時にナチス親衛隊より酷い仕打ちをしてきたという話」と、ヴィクトール・E・フランクルの著書「夜と霧」の中の話を例に挙げ「そのカポーを裁くことが出来るのかどうか。フランクルの言う、石を投げるなら、同じ状況に置かれて自分が同じようなことを本当にしなかっただろうかと自問してみること 人を糾弾する前に必要な事だと考えています」と、まずは自分の身を振り返る必要があるとした。

 そして「世の中にはこのカポーが溢れていることを忘れてはいけないなと、改めて思う今日この頃です」と締めくくった。

 現在、日本ボクシング連盟山根明会長に対する非難が日に日に高まっているが、村田の書き込みには、具体的にこのカポーが誰を指すのか、この話が何を差しているのか
には触れていない。だがファンからは「重い言葉」などのコメントが寄せられていた。

 

村田諒太さんの意味深な投稿です。

真意ははっきりと測りきれないですが、日本ボクシング連盟や山根会長が非難され続けることにより、日本のアマチュアボクシングが人気がなくなり、衰退することに危惧を感じているのでしょうか。

 

ならば、この告発をいい機会ととらえて、日本のボクシング協会を一新して、選手がフェアに闘い、強くなり、活躍できるような夢と希望のある世界へとなってほしいです。

 

確かに、最近の報道や世間では、不正に過剰に反応し、逃げ道さえもないところまで追い詰める部分もあります。

自分がカボーになったとき、ナチスのような状況であれば罪悪感を抱えつつも同じことをしたでしょう。弱い人間です。

そう考えると、不正をした人を責めてばかりではなく、ボクシング界がよい方向へ行くように祈り、見守りたいと思います。

 

しかし一方では、不正を報道することにより世間に知られ、弱者を助けてくれることもあります。

 

ただ成松さんをはじめとする選手のフォローも気になっています。

激化する報道に選手生命を奪われませんようにと願っています。

 

才能のある選手を潰すことなく大事に育て、東京オリンピックという夢の舞台でよい結果を残していただきたいです。

村田さんがロンドンオリンピックで金メダルを獲得して、今のボクシング界に興味を持つ人がふえたように。

 

東京オリンピックまであと2年となりました。長いようで短いです。