向日葵ママの気まぐれブログ

専業主婦です。日々の暮らしについて役に立つ、面白いと思ったネタを発信していきます。

「ゆづしょま」萌え!に納得

 

「ゆづしょま」萌え! “弟”宇野昌磨、“兄”羽生結弦を徹底比較

 


 
上田耕司,松岡かすみ,太田サトル週刊朝日#フィギュアスケート#平昌五輪#羽生結弦
 

 

羽生結弦(右)と宇野昌磨

 

12歳時の宇野。メダリストになった今も当時のあどけなさを残したままだ

12歳時の宇野。メダリストになった今も当時のあどけなさを残したままだ

「あぶね~~」

 フリーの演技の際、最初の4回転ジャンプの着地に失敗、転倒した。滑走を終え開口一番、宇野昌磨が発した言葉だ。銀メダルが確定した後でもこんな発言が飛び出した。

【可愛すぎる!12歳時の宇野昌磨の写真はこちら】

「この後表彰式あるんですか? やっぱり特別な思いはなかったですね、最後まで」

 感動的なコメントを期待していたテレビの前の視聴者は肩透かしを食らったことだろう。さらに秀逸なのがその後のテレビ番組のインタビュー。冒頭のループジャンプ失敗を振り返って、

「もう、笑えてきました。あまりにも早すぎる失敗だったので」

 と語り、今したいことを聞かれると「寝たい」と答えた。翌日の会見でも眠そうで、英訳中ついに、子どものようにウトウト……。

 それまでの五輪代表が背負う重圧をまるで感じさせない宇野。だが、その“ゆるさ”がかえって新鮮だったか。ふわふわとした雰囲気と天然発言に「なんだか癒やされる」「完全に宇野派になった!」と、これまでフィギュアスケートにそれほど関心が高くなかった人たちのハートまでもがっちりつかんだようなのだ。

 五輪でにわかに世間の注目を集める宇野の言動だが、その異次元ぶりは以前から際立っていた。過去の発言をいくつかピックアップしてみると……。

「(一番つらいのは)野菜を食べている時。(特に嫌いな野菜は)多すぎて答えられません」(テレビ番組のQ&Aから)
「観光って何をするんですか?」
「(ヘアスタイルについて)これがパーマなのかどうかもわからない」
「(2017年の世界選手権銀メダルについて)たまたま」
「勉強はやっておけば、もう少しマシな頭になっていたと思いますけど」
「ピョンチャンって韓国なんですか?」

 五輪前に心配なことを聞かれた際には、大好きなゲームをやるためのWi−Fi環境が整っているのかどうかが気がかりだと語った。

 圧倒的マイペース、驚異の平常心。テレビ朝日の五輪番組でメインキャスターを務めた松岡修造は、そんな宇野のことを、“宇脳昌磨”と命名した。

 本誌で「てれてれテレビ」を連載するコラムニストのカトリーヌあやこさんは「おもしろいと思わずに無意識におもしろいことを言う。天然の無意識系ですね、いじりがいがあるというのか。上田晋也さんや又吉直樹さんら、芸人さんがインタビューするときも、宇野くんにワクワクしているように見えますね」

 と見ている。

 現代思想学者で明治大学非常勤講師の関修さんは、

「宇野選手は、他人の目ではなく、自分が気持ちよくスケートできているか、そこを追求していく。そのぶん何を発言するかわからず、見ていてハラハラするところがあり、なんとかしてあげたいと思ってしまうタイプ」

 と分析。スケーティングの見せ方にもそれは表れると関さんは言う。

「宇野選手は、自分がやってみたいなと思うことを、一つひとつパーフェクトにやってみたくなる。宇野選手には、オリンピックだからという思いよりも、そのときに自分の滑りたい滑りができたかどうかが大事」

 確かに、宇野にとってのオリンピックは、一つの試合でしかなかったように見える。銀メダルという結果を残した後でも、

「メダルを忘れ去って、次の試合に臨みたい」

 とまで答えている。

 宇野と対照的なのが、66年ぶりの2連覇を成し遂げた“絶対王者羽生結弦だ。自らの言動で追い込み、奮い立たせるタイプ。

「王者になる。まずそうして口に出して、自分の言葉にガーッと追いつけばいい」
「期待されてる感覚が好き。それはプレッシャーじゃなくて快感なんです」

 と過去には語っていた。今回のショートプログラムを終えた時点の回答にもそれは表れていた。

「とにかくやるべきことはやってきましたし、2カ月間滑れなかった間も、とにかく努力をし続けました。その努力をしっかり結果として出したい」

 金メダル獲得後、直前の心境をこう振り返った。

「19歳の時にオリンピックを経験した時とは違い、自分の時間が限られているというのを感じていて、今回は勝たねばと思っていました」
「練習でジャンプが決まらないことで緊張感が戻ってきて、背中をポンと押されたような感じでした」

 これらの発言は、宇野とは対照的に、五輪の持つ特別な重さを感じてきた証しでもある。前出のカトリーヌさんはこう語る。

「羽生くんは、常にオリンピック王者として自問自答しているような印象があります。王者としての意識がすごく高い系。そしてそれをやりとげちゃう精神力、集中力は本当にすごい」

 カトリーヌさんが羽生にかかっていた重圧を感じたのは、メダリスト会見で羽生が発した、「しゃべればしゃべるほど嫌われるし、いろんなこと書かれるし」という一言だった。

 

「こんなハレの舞台でそんなことを言う。かつてAKB総選挙で前田敦子が言った、『私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください』ってスピーチが重なりました(笑)。ある意味ですごくヒロイン的。常にスケート界のセンターとしての自覚と重圧があるんだと感じました」

 前出の関さんも、同様の意見。

「オリンピックで勝つことを日本中に期待されていることを自覚的にとらえる羽生選手ですね」

 次の羽生の過去の発言は、競技者として見られることへの自覚をよく表している。

「広いリンクでひとりで滑って、ひとりのためだけに歓声が起こる。その瞬間が、フィギュアスケートの魅力のひとつ」

 常にその場の空気を読み、インタビュアーや観客が「ほしい答え」を必ず答えてきたアスリートでもある。ケガに耐えた右足に対しては「感謝しかないです」。羽生の感謝は足だけにとどまらない。

「スケートだけじゃなくて、こうやって羽生結弦として、たくさんの方々に育てていただいたことを本当に感謝しています。ありがとうございます」

 とファンや関係者、試合を見ていた人、すべての人に向けたメッセージが自然と口をついて出てきた。

「羽生選手は、他者から自分がどう見られるかということを、高い意識で考えられる選手。発言も演技もルックスも、全てが“羽生結弦”というキャラクターをどのように見せればいいのか、きちんとコントロールした結果。パーフェクトな意識を、言動でもパーフェクトに貫くことができる強靭な精神力がある」(関さん)

 好対照の2人。だが、羽生や宇野に世間が向けるまなざしは、どちらの人気が上か、どちらがいいのかではなく、お互いがいるからこそそれぞれが輝く、と見ている側面もあるようだ。カトリーヌさんは言う。

「すべてが一つの物語として成立している羽生くんに対して、物語を必要としていないように見える宇野くん。メダルも、『触りたい人は触ってください』とか(笑)。その違いもまたいちいち楽しいんですよね」

 と2人の性質の違いこそがおもしろいという。アイドル評論家の中森明夫さんは、男女問わずフィギュアスケート選手のパフォーマンスに魅了されるそのあり方に、かつての昭和時代のアイドルを重ねる。

 

「若い少年・少女が、キラキラした衣装で、華麗に魅せる。そしてそれを3~5分間、日本じゅうの人が見ている。かつてのアイドルの要素が全てフィギュアに入っています。よく“氷上のプリンス”という言い方をしますが、ルックス、衣装、ポーズ、動き、そして発言、本当に王子様的なんですよね」

 ソチ五輪から4年。23歳になった羽生は、子どもをそのまま大きくしたような宇野の存在によって、より成長を感じさせることができると中森さんは言う。

「あのヒョロッとした19歳の羽生くんが、立派になって、王者としてオリンピックの舞台に帰ってきた。そこに、当時の羽生くんと同じ年頃の20歳の“弟”ができた。弟は兄を『ゆづくん』と呼び、兄は『昌磨』と呼び捨てにしてかわいがる。繊細な兄・羽生結弦と、鈍感で天然でカワイイ弟・宇野昌磨。インタビューなどでも、すべてを繊細に完璧なコメントをする兄、一方で、何考えてるかわからず、『何も考えてませんでした』『転んで笑っちゃいました』と言う弟。それで周囲がずっこけたりして、そんな様子を、横で羽生くんがほほ笑ましく見てるんですよね。性別は違いますが『アナ雪』の主人公のように、2人の王子が氷の上でクルクル回ってキラキラ輝いて。そして競技以外の場所では抱き合ったりたわむれたりする。これは相当萌えると思います」

“弟”宇野の頭をなでなでしたり、メダルのリボンのねじれを直してあげたりする“兄”羽生。そんな2人を「ゆづしょま」と称して愛でるファンも少なくない。中森さんはこう言っていた。

「これからのスケート界というものまでおそらく全部見ていくことになる羽生くんは、そういう意味でもこれからのスケート界の長男であり続けるでしょう。兄がいてくれるから、弟は自分の好きな滑りを自由にできる。そんな2人が表彰台の一番高いところに登った。後輩たちもそれに続く。そんな関係性は素晴らしいですよね」

(本誌・上田耕司、松岡かすみ、太田サトル)

週刊朝日 2018年3月9日号

 

 

 

★こちらの記事はすごくいいなと思い載せさせていただきました。

 

「ゆずしょま」お二人がいてお互いに支え合い、より輝くんですね。

 

違う性格、違うタイプだからこんなにも見ていて楽しいんですね。

こうでなければいけないという正解はありません。

今はオリンピックからお二人のスケートのみならず、人格的にも成長めざましいものがあります。

羽生君は国民栄誉賞を受賞し、全てが完璧で雲の上のような存在になっています。

宇野君は世界選手権を経て人間的にも一回りも二回りも大きくなった感があります。

 

お互いがいるからこそ男子フィギュアスケートが発展し、ファンも増え、盛り上がっています。

 

そのほかお二人が金銀メダルを獲得されたことは、後輩のスケーターたちの道を切り開き、夢が近いものになりました。

 

これからお二人がもっともっと輝き続けますように願っています。